Picsart_22-01-11_23-09-51-949.jpg

​当団について

1974年、関西各大学オーケストラの卒業生を中心に「関西OB交響楽団」の名称で結成。

1994年、創団20周年を機に現在の「関西シティフィルハーモニー交響楽団」に改称。

「アマチュア精神に基づくグレードの高い社会人オーケストラ」をモットーに、年2回の定期演奏会をはじめ、

ファミリーコンサート等を意欲的に開催している。

 

近年は指導体制の充実に力点を置き、素晴らしいプロの先生方を指揮者や指導スタッフに招請して研鑽を積んでいる。中でも1998年より4年間、ズラタン・スルジッチ氏(元ドゥブロヴニク交響楽団首席指揮者)を常任指揮者に迎えその指導を仰いだことにより、「音楽的に大きな飛躍を遂げた」との評価を内外から得た。
 

加えて2006年の第41回定期演奏会より現在に至るまで、ギオルギ・バブアゼ氏を常任指揮者として迎えたことにより、

氏の卓越したバイオリン奏者(関西フィルハーモニー管弦楽団コンサートマスター)としての薫陶を得て、

弦楽器をはじめオーケストラの響きが格段に美しくなり多くの関西のクラシック音楽ファンを魅了している。

 

また組織としても「若い力」を積極的に運営面に活かし、「常に成長するオーケストラ」を目指して努力を重ねている。

​​指導者

トゥッティ(合奏)・セクション練習・パート練習すべて、プロの先生による指導

常任指揮者

ギオルギ・バブアゼ
George BABUADZE

1962年ジョージア(旧国名:グルジア)の首都トビリシ生まれ。
トビリシ国立音楽院にてシウカシュヴィリ教授にヴァイオリンを、オディセイ・ディミトリアディー氏に指揮を学ぶ。
モスクワにてボロディン弦楽四重奏団のベルリンスキー氏に師事。1986年より5年間バトゥーミ市交響楽団の指揮を務める。1990年よりグルジア音楽協会室内管弦楽団の芸術監督および首席指揮者を務め、フランス、ドイツヘ演奏旅行。
その他、国内外におけるオーケストラのヴァイオリン奏者としてイタリア諸都市で演奏する傍ら、グルジア弦楽四重奏団のメンバーとしても活躍。

1996年より大阪シンフォニカー交響楽団(現 大阪交響楽団)のコンサートマスター、2001年10月より関西フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスターに就任。2002年4月より京都市立芸術大学ヴァイオリン専攻非常勤講師も務める。ゲオルギア弦楽四重奏団メンバー。2005年、関西シティフィルハーモニー交響楽団常任指揮者に就任。また、音楽を通じて日本・ジョージア間の交流及び友好親善に寄与した功績が認められ、2019年秋の叙勲にて旭日単光章を受章。第54回大阪市民表彰(文化功労部門)受賞。

ゴギ07(63th=20170924).JPG
ゴギ18(66th=20190203)_edited.jpg

​コンサートマスター

加茂 夏来
KAMO Natsuki

5歳よりヴァイオリンを始める。
兵庫県立西宮高等学校音楽科を経て、京都市立芸術大学音楽学部音楽学科弦楽専攻卒業。
第62回全日本学生音楽コンクール中学校の部大阪大会入選。
第10回関西弦楽コンクール優秀賞受賞。
第8回大阪国際音楽コンクールファイナリスト。
2008年、大植英次プロデュース「大阪クラシック」に参加。
イタリアにてローマ国際音楽祭"Rome concerti del tempietto"(THE MUSIC FESTIVAL OF NATIONS)に出演。
これまでにヴァイオリンを富永弘子、林恵理、A.ナドソン、大谷玲子の各氏に、ヴィオラを小峰航一氏に師事。
公益社団法人アンサンブル神戸メンバー。

大阪芸術大学演奏要員。関西を中心に、様々なジャンルで演奏活動を行う傍ら、後進の指導にもあたっている。

image3.jpeg